diarylog
2006.9/1 〜 9/15

あれ?9月だ・・・
2006年9月1日(金)
とりあえず

 ちょっと用事(絵チャ)があるんで線だけで。



もしもし長門さん?後ろからだと半ケツですよ?(キョン心の声)
2006年9月2日(土)
9月ですよ

 何この夏真っ盛りな絵。
あと、昨日の線画と全然違う気がするのは仕様です。


 最近、また読書熱が高まってきたので「本格推理委員会」って小説を買いました。
前半は「え?これなんてギャルゲ?」だったんですが、
後半になるにつれ、やたらヘビーな展開になって意表を突かれました。
これ…ミア(主人公の妹)が不憫すぎるだろ…と。

 もの凄く面白かった!とまではいきませんが、読後感は最高でした。
「心霊探偵八雲」には及ばないけど(あれは個人的に神)


web拍手返信

>まったく式さんは超エロイなぁ GOOD JOB!
>やはり色が入るとちがいますね、裸の長門もピンク色のあれもね・・(ごめんなさい切腹します)
>殺す気でしょ絶対殺す気でしょ
>こ…こいつぁエロいぜ…やったね式さん☆
>ついに式sも目覚めましたか「エロ」に・・・・(いや本性が出たのか
>画像クリック注意。だぁ!?ばかぬかせぇー!皆押すに決まってますやん!何?このキル・トラップ!!
>無表情+全裸 相反した状況がイイ! 式さん、エロエロ大魔王にまた一歩近づきましたねw
>し、自然な感じでエロスを提供するなんて式……エロい子! 間違えた。恐ろしい子!
>……ごめん。あながち間違いじゃありませんでした。てへ☆

>パーフェクトだ式さん
>おめでとうございます。あなたは「猛烈にエロイ人」に認定されました


人類が進化する過程で胸の中心にあんなもの付けたからいけないんだ!(壮大な責任逃れ)

>クサマハオレヲムッコロス気か!
>水着際どすぎる…式さんが描くとタオルも水着も布が薄すぎます!(><)
>毎回薄い布地を着ける長門さんも…正直たまりません
>ちょ、今にも脱げそうなこのボトムは!危うい、危ういよ!!
>股がエロい。流石式さん。……股、エロい……また、エロい。……成る程。そういうことか。流石(ry
>な…なんてローライズな…。大変だ!(←主に私の脳内ビジョンが
>絶ッッ対に言いませんよ。ずれてるとか見えそうとか見させてとか。
>あぁ・・・、長門で萌え死んじまう!!!!!
>途中? 穿くのが?(殴打)


今回は本気でエロス抜きのつもりで描いたんですが…!(もう戻れないのか!?)

>pakoさん、「paco」って名前間違えられてたよね…って、式さんもそのまま間違ってるー!?



涼宮ハルヒの公式マジ鬼畜。
だって…「公式」って書いてるのにいきなり間違えてるなんて思わないもの!

>SSです。
>申し訳ありませんがブログ載っけてます。無断紹介申し訳ない。あとSS送ったダメな子で申し訳ない。
>色々と紆余曲折がありましたが、ブログ載せてしまえばいいと気付きました。
>因みに八月二十日にも紹介とSS出してます。お暇があればどうぞ。それでは。


わあい、ありがとうございました!
あ、シグルイは一度も読んだことないんでよく分かりませんでしたが(笑)
しかし、うちのメールは届かない度すごいな。

>ハーモニカではなかったですかぁ。式さんが移住してこない限り無理ですかね…(´・ω・`)
>私のほうは既に移住できるレベルではないですし(´・ω・`)…期待してみます(マテ


レベル的には移住全然余裕なんですが、こっちには友達がいるんで離れたくないのさー(わー)

 風呂から上がってみるととりあえず長門の格好に驚いた。
服を着ていない。これはどういうことか。…いや、正確には靴下だけはいている状態である。
「…長門、その格好はなんだ?」
「この格好に萌えを感じる人がいるらしい。貴方もそう?」
 …正直に言わせて貰うならば。うん。
…長門を見た瞬間、自分の属性に裸+靴下がついた。
「…後…」長門がぼそっと呟く。
「据え膳食わぬは男の恥。」
「………。」
 誘っているようだ。


>……OKOK、このような電波が届きました。吊って来ます。

「断る」なんて選択肢はどこを探しても見つからないんでおいしく頂きますね♪

>ちょっwwwwササ○ケwwwwwww

うはwwww正確にはササナキwwwwwww

>死因・長門ってことでOKですか? ところでそのミニ小説は誰でも送れる?

送れるんじゃないでしょうか?
メール経由だと送れない可能性高いみたいですけど…

>ヨーグルティングですが、カスタネットなら同好会を作りませんか?
>それとももう入ってしまわれましたか?それでもとにかく会ってみたいですね


入ってますよー。

>俺も「公式」欲しくなってきました!!!式さん

買うといい!!!!11!

 ちょっと目のやり場に困る水着だな。前からそんなに大胆だったか?長門。
「別に気にすることはない。私の胸囲は涼宮ハルヒや朝比奈みくるのそれとは余りにも貧相」
 あれ?気のせいか、長門の背後に黒いオーラが見えるぞ。まだ小規模な低気圧のようだが、
放っておくと今世紀最大のトルネードになりはしないか?カトリーナもびっくりだ。
あのな。長門。俺は別にそんなつもりで言ったんじゃないぞ。胸の大きさで女性を蔑視したりはしないぞ。
う、嘘じゃない。俺は長門の小さな胸も大好きだ。
「そう。・・・良かった」
 良かった?
「・・・・・・何でもない」


小さいことがいいのではない、小さいことを気にしているのがいいのだ。
                                 ――――ベンジャミン・フランクリン

で、この夜、浜辺で長門の胸を(省略)するんですよね?ね?(だめだこいつ)

>長門は…もしかして…無毛地帯ですか?自然に?それとも人工的に?

自然に。

>セプの仇っ!!! (九月という事でコヨーテより姉妹ネタ。時間が加速してる・・・w)

コヨーテ??ロードランナー?バックスバニー?(絶対違う)

 少し緊張した面持ちで更衣室から出てきた長門を見て
俺が心の中で大げさなガッツポーズをキメていたのは言うまでも無いだろう。
この前のワンピースの水着も、シンプルで長門らしくて良かったがこっちのほうが断然いい。
俺がくらくらしているのは夏の日差しだけが原因じゃないぜ。
まじまじと水着姿を堪能している俺の視線があまりにもアレだったのか
長門に「…エッチ」と言われてしまったさ……否定はしないけどな。
何しろこれからサンオイルの塗りっこを提案しようと思っていたところだし。
小麦色に焼けた夏らしい彼女も見て見たいだろ?彼氏としては。


僕も長門にえっちって言われてえーと本気で思いましたw
塗るのは本当にサンオイルだけですk(結合解除
てか、そもそも長門は日焼けするのかな?

>由さん

来たらよかったのに…って思ったけど、よくよく考えると場所明記してなかったという天然ぶりを発揮。
大 後 悔 orz


やっぱ落書きになったorz
2006年9月3日(日)
どうなることやら

 今日の12時までに提出しなきゃならない課題があるんで、ちゃんと絵を描けるか微妙です。
追記:間に合ったー!

そして、明日から二週間大阪へ…
電車の移動時間で何回「消失」が読めるかナー。
あ゛−。

 そして唐突に、かなり以前、メールで送っていただいた長門SSを紹介する僕。(遅いよ)
そのままコピーした原文を、ビルダーに貼り付けただけなんで、もしかしたら読みづらいかもですが。



■長門有希の挑戦■



 
現在俺が置かれている状況は、ある意味これまでで一番異常な状況ではなかろうか。
そう、あの灰色空間に閉じ込められたり、何度も同じ時間をくりかえしたり、時間旅行をしたりするよりも、だ。
危険というわけじゃない。むしろこの世で一番安全な場所と言っても過言ではないだろうな。だが、居心地が良いかといえばそういうわけでもない。
さて、まわりくどいことを言うのはこの辺にして、俺が今どうなっているか一言で表そう。
俺は今、長門に膝枕されている。


 人間の脳みそってやつは言うまでもないが中々優秀で、首をどんなに傾けても空間の上下左右を認識することができる。俺の視界が九十度回転していても、川が左から右に流れるのはそういうわけだ。
そう、ここはもはや土日恒例となったハルヒ的不思議探索のコースに組み込まれている川の土手だ。長門はその草っぱらに足を伸ばし、俺は寝転がり、俺の頭は当然のように長門の肉の薄い腿の上に納まっている。オーケイ、俺の脳みそは正常だな?
異常なのはこの状況だ。
疑問一。何故おれはここにいる。疑問二。何故長門といる。疑問三。何故寝ていた。疑問四。何故膝枕なんだ長門よ。
疑問五、と以下無限に続けられそうだったが長門の頭が動いた気配がしたので、体ごと仰向けになる。頭は未だ膝の上だ。
長門のきっちり冷凍されたドライアイスのような目がじっとこちらを見ている。惜しいな長門、唇に微笑が浮かんでいれば八十点はやれるんだが。ついでに視線にどことなく優しさが含まれていれば百点だ。いや俺は何を考えているんだ?
ようやく思考がまともになってきた。ここにいるのはもちろん今日が土曜日で当然のごとくSOS団的散歩をしていたからで、久しぶりに長門とのペアを組んだから長門といるのは当たり前だ。そして昨日ついに完結編が出た大作RPGを徹夜でしたのがたたりこの場所で力尽きた…というわけか。膝枕なのは長門のサービス精神などではもちろんなく、その方が効率よく疲労を回復できると考えた、とかそんなところだろう。
長門に聞いてみようかとも思ったが、やめておいた。なんでだろうな、なんとなくそれは野暮なことのような気がしたからか。ともあれ、ありがとよ長門。おかげでよく眠れたぜ。
そう、という長門の呟きが耳に届くのを待って立ち上がる。伸びをすると体のあちこちの関節が硬くなっているのがよくわかるな。快適に過ごせたのは長門によって救助された首ぐらいのものか。
「どれくらい寝てた?」
「二時間十三分」
 歩き回る予定の時間をほとんど潰したわけか。いや、有意義な時間の使い方だ。潰したという表現は正しくないな。
「ずっとその姿勢でいたのか?」
前足をすっと川に向けて、鉛直方向に背筋を伸ばしている。俺だったらこれで二時間というのはご免だ。長門がそうしている場面は容易に想像できるが。ぴくりとも動かなかったに違いない。
予想に反して長門は首を横に振った。
「あなたの妹と十一分会話した」
 あぁ、人と話すときは相手の目を見なくちゃいけないからな、いや問題はそこじゃない。俺の妹?俺が寝ている間にか?それはつまり、俺が長門に膝枕されているところを見られたということか?
「そう」
 一生の不覚だ。というかなぜあいつがこんなところに。
「あなたの家の猫を尾行した結果見失った、と言っていた」
 そんな理由でこんなところまで来たのか。前から思っていたがつくづくよくわからんやつだ。
「あー、あいつ、なんか迷惑かけなかったか?」
 わけのわからん戯言を口走っていないとも限らんしな。確認しておかねば。
「何も」
 それならまぁいい。で、どんな話をしたんだ?なかなか希少な組み合わせだからか、あんまり会話が想像できん。妹が一方的に話しかけ、長門が短い相槌をうつ、という図式になるだろうが。
「主な話題は二つに分類できる。一つは膝枕と呼ばれる行為について。一つは花占いという未来予測の手法について」
 前者は晩飯の後にでもあいつを問い詰めるとして、花占い、か。長門の興味を引く話題とも思えんが。
「占いと呼ばれる未来予測には興味がある」
 そういえば、文化祭のときは占い師をやっていたんだったな。占いというよりは、正確極まりない予知だったわけだが。
長門が占いに興味を持つとは、時間連結とやらをやめた影響かね。
もしそうなら、あの長門も占いが好きだったかもな。二度と会うことのないあの長門も。
考えても仕方のないこと、か。
「じゃあ普段から占いとかするのか?」
 長門がプロのマジシャンも真っ青な手つきでトランプを繰り、クラスの女子とトランプ占いその他に興じる姿を想像してみる。意外なほど違和感が無いな。本を読んでいるところ以外想像もできなかったころと比べれば格段の進歩だろう。
 いや、俺が長門のことを知らなかっただけか?
「今日がはじめて」
 そんなことを考えているうちに長門が立ち上がっている。特に土を払うようなことはしないんだな。全く汚れていないのが不思議といえば不思議だが、まぁ長門だから、という理由で納得できる範囲だ。
「あなたは知っていた?」
 花占いか?まぁな。好き、嫌い、とか言いながら花びらを一枚ずつむしっていく遊びだろう?一度くらいはしたことがあるさ。幼稚園のころには。多分。小学校に入ってまでやることじゃないだろ?
「そう、それがルール」
 しゃがみこんで何を拾ったのかと思えば、それはどうやら花占いに使ったらしい植物だった。花びらが無いから花とは呼べないよな。
 いや、ひとひらだけ、花びらがついている。白く、小さい、雪のような花だ。
「彼女が言うには、この占いにはもうひとつルールがある」
 はて?そんなものがあっただろうか?花占いというのはごくごくシンプルで、だからこそ広く知られている類いの遊びだろう。追加ルールなぞ聞いたことが無いな。
 まぁ、あいつなら都合の良いルールの一つや二つ思いついてもおかしくはない。どうせオリジナルのローカルルールだろう。
「この占いは望ましくない結果が二分の一の確率で出てしまう。その時のためのルール」
 そう言いながら、川へと近づいていく長門について歩く。川原まで降りるのは亀を眼鏡の少年にやって以来だな。
 長門がしゃがみこみ、川面にそっと手をつけ、花を川に流した。雪の色がすっと川に溶けて消えていく。長門はしゃがんだままそれを見送った。
 俺にはその動作がとても慎重で、優しいものに見えたんだが、さてどうだろうな。これは多分、長門に聞いてもわからないだろう。
「で、そのルールってなんなんだ?」
長門が立ち上がるのを待ってから、聞いた。
「望ましくない結果が出るときには、最後の一枚を残して水に流すことでその結果を反転させることができる」
 どっちにしろ、良い結果が出るってわけか。
 ま、あいつの思いつきにしてはマシだな。占いなんてものは、自分をはげますためにあるもんだ。
 ん?そう言えば長門は何を占ったんだ?この宇宙人が占いで自分をはげますとは考えにくいが。
「なぁ長門。おまえは」
「時間」
そして俺は腕時計の針が集合時間の五分前を指していることに気づいた。


 さて、その後はいつもどおりだ。もちろん集合に遅れ、当然ハルヒに罵倒され、いつもどおりおれがおごって解散、だ。
 いや、いつもと違うことがひとつあったな。長門との別れの挨拶だ。あいつは俺を氷のような目で見てこう言ったのだった。

「また明日、キョン」

 俺は結局あいつがあの白い花で何を占ったのか聞かなかった。多分それでいい。





>これはまたとんでもないものを貰っちゃったもんだ!(8月8日にもらってました(流石に載せるの遅すぎるよ))
>こういうほのぼのした空気大好きですよ!
>膝枕をした理由が長門っぽくていいなあ。
>その理由はキョンの想像でしかないわけですが、キョンじゃないとそもそも膝枕なんてしないでしょうしね!
>何を占っていたのかはこちら側で妄想するしかない、っていうのも悶えたよ!(わー)



■風呂上り長門■



風呂上りの長門はとてつもなく魅力的だった。
長門の髪はてらてらと艶やかな光を出していた。
長門の肌は桜の如くほんのりと淡い朱を帯びていた。
今の彼女は、自分などが触れてはいけないような。そんな気にさせてしまうのだ。
だから、キョンは。
見つめていた。
その場から去ることもできず、声をかけることもままならず。
ただただ見とれていることしかできなくなっていた。

「何か・・・用?」
ずっと黙っているキョンに、長門は無表情のまま話しかけた。
その途端、キョンはしどろもどろになって、いやあの、その、と声を出した。
人の裸を見つめるなどまるで変態のようだ、とキョンは思う。
――どうしたものか。
もしかしたら長門に覗きをしていたと思われているのでは、という懸念がキョンの頭をよぎる。
だが、キョンは決して覗きをしていた訳ではない。
冷蔵庫から牛乳を取り出して、飲みながら部屋に戻ろうとしただけである。
ただ、戻る途中で浴室の更衣室から光が漏れているのに気づいたキョンは、誰かが電気を消し忘れたのだな、と思いながらドアに手をかけたその瞬間、急にガラっとドアが開き 目の前には長門がいた、それだけなのだ。

長門が怪訝な目でキョンをじっと見ている。
その怪訝な目は覗きをしていたと疑われている証拠なのか、それともただの思い違いなのか。
キョンは必死になって言い訳を考えた。
――先に覗きをしていないと否定しておくか。
いや、それだと逆に疑われてしまう。
覗きをしたのかと訊かれたならともかく、いきなり自分から覗きなどしてないと言えば不信感がさらに募るだけである。
「な・・長門」
長門の目を見据えてキョンは言った。
「牛乳・・・飲まないか?ほ・・ほら、風呂上りには牛乳が一番って言うだろ?」
持っている牛乳を長門の前に差し出した。
――やってしまった。
キョンはとてつもなく後悔した。
今、キョンが長門に差し出した牛乳はキョンの飲みさしの牛乳なのである。
牛乳ビンの飲み口を見ると、明らかに誰かが飲んだ白い液の跡が残っていた。
キョンは覗きまでした上、間接キスまで要求したことになっている。
これでは長門に軽蔑されるだけだと悟ったキョンは差し出した牛乳を引こうとした、その前に。
「ありがとう」
と、長門はキョンの手からその牛乳を受け取った。
その際に、長門の指がすっとキョンの手に触れる。
何故長門は飲みさしの牛乳を受け取ってくれたのだろうか、とても不思議でならなかったが それよりも。
――長門の指が。
あれほど触れてはいけないと思っていたあの肌に。
心の中で、長門と指が触れた場面を何度も繰り返す。
――熱かった。
わずかに擦れただけだが、長門の指の体温は確かに伝わった。
その伝わった体温は、腕を通り、心臓を通り、頭の先から足の先まで、キョンの全身に染み渡っていくような気がした。

そんなことを考えている間に長門は牛乳を飲み干していた。
長門は空のビンをキョンに渡してまた、ありがとう と告げた。
「お・・美味しかったか?」
「いつものとは別の味がした」
別の味がしたのは風呂上りだからなのか、それともキョンの飲みさしだったからなのかは理解らなかった。

ビン片付けてくるから、と言おうとした時。
キョンは、長門の口元に白い水滴が付いてるのを見つけた。
そして。

長門の口にキスをした。
押し付けたらつぶれてしまいそうな柔らかい唇。
その唇にキョンの唇がそっと触れる。
たかが数秒の時間がとても長く感じられた。
唇と唇が離れるとき。
キョンは長門の下唇をペロっと舐めあげた。
その時、長門がほんのわずかに震えた。
「牛乳が・・・付いてたから・・・」
キスを終えた後、キョンは言い訳染みたことを言いながら頭を掻く。
長門は、手で口を押さえたまま止まっていた。
「ビ・・ビンを片付けてくる」
と言ってキョンは台所へ逃げた。





何故あんなことをしたのか、キョンはビンを洗いながら考えていた。
牛乳が付いてたからなのか。
そんなわけはない。
長門の身体が綺麗だったから。興奮したから。ただ――、キスがしたかったから。
そう思っていると、だんだん自分の顔が熱くなっていくのを感じた。
キョンはビンを片付けた後、自分の顔をバシャバシャと洗った。
――謝らないと。
長門は嫌な気持ちになっているに違いない。急にキスをされたんだから。
・・・・キスを。
キョンはまた顔が熱くなった。





廊下に出る。
更衣室の方を見るとまだ光が点いていた。
覗いてみると、長門がバスタオル一枚のままで洗面台の鏡に向かって立っていた。
キョンが長門、と呼びかけると、くるりとキョンの方に向いた。
「何」
「着替えないのか?」
何も答えない。
「・・・そのままの格好じゃ身体冷えるだろ?」
「大丈夫。冷えないから」
「冷えないわけないだろ。風邪ひくから早く着替えた方がいいって」
また何も答えてくれない。
その後、長門は黙ったままずっとキョンの顔を視ている。
キョンもまた長門の顔を視ている。
静かな時間が続いていく。外からポツポツと音がし始めた。雨が降ってきたのだろう。
「長門、やっぱ怒ってるのか?」
「何に」
「いや、急にキスしたことだよ。・・・あのときは俺、おかしくなってたんだ。・・・すまん」
キョンは すまん、と言った時だけ長門の顔から目をそらした。

長門は。
「謝るなら、責任をとって」
「責任?」
「あなたが口づけをしたときから私の体温が上昇が止まらない。今も全く体温が低下しない。この異常の原因はあなたによるものと考えられる。しかし、私一人では治せない。だから、あなたがこの異常な状態の身体を治す、それが責任」
キョンは狼狽した。
まさかそんなことを言うとは思わなかった。
キョンはその言葉が暗に意味することを理解した。
それでも訊いてみる。
「わかった。じゃあ、何をすればいいんだ?」
長門はうつむいて、応えなかった。
そのうつむいた顔が。
少しずつ、少しずつ赤くなっていくのを、確かに見た。
キョンは一度静めた興奮がまた戻ってくるのを感じた。
「長門、俺の部屋に来てくれないか?」
長門は、下を向いたまま一度だけ、静かに頷いた。

「じゃあ行こう」
キョンはそう言って長門の手を握った。
部屋に連れて行くまでの間。
長門はずっと下にうつむいたままだった。                      (終)





>何か微妙な違和感が…?もしかして「キョン」の部分?
>小説とか全然わからないんですが、地の文の「キョン」を脳内で「俺」に変換して読むと違和感が消えました。
>いや、そのままでもおかしくはないんですが、そっちの方が自然かなとか、分かってないくせにいっちょ前に言ってみるやつ。
>でもこれは面白いですよ!続きがめがっさ気になります!禁則事項的な匂いがプンプンするぜっ!(おま)
>やっぱこれだけ完成度の高いSSを送っていただけるなら、メールがいいのかもしれませんね(笑)


あなたの唾液を体内に取り込むことで、わたしというインターフェイスにどのような外的、または内的影響を及ぼすのか調査が必要。
2006年9月4日(月)
BOROBORO!

 大阪一日目で既にピヨってます。
これ、2週間後にヒットポイント残ってるの?かつてないほど疲れました!
社会人って凄いなあ…
そりゃキス漫画も描くって話ですよ。(一ミリも関係ない)


 毎日大阪まで行くのマジでしんどいんですが…5時起きですよ。
生活リズム狂ってる僕には耐えられない!(初日ですけど)

 大阪在住の方泊めてくだs(ry(9割方冗談です


てかこの辺で止めておかないと、とある方に怒られそうやわ…
2006年9月5日(火)
3コマ目で力尽きました。

 力尽きて寧ろ良かったかも、と思うのは僕だけ?


 拍手の返信したいけどもう寝ないとギギギ・・・
ウチに泊まりに来ませんか?ってお誘いがかなり多くてびびりました(笑)
ちょっとグラついた(うそん)



 そして、一位おめでとう!
ちなみにというかやはりというか、僕も一票だけ長門に投票してました。
もっとやります(
全て由さんの責任にして)(やめ)


教えてくれ竜崎…これはエロに入るのか…?
2006年9月6日(水)
50万多謝!

 最後のコマを描き出す時点で、残り時間5分という悲劇(わー

 500000アクセスありがとうございまーす!
これからもゆるゆると頑張ります(^0^)/
(記念的なものを何も用意してません)(出た!)



 ところでごめんなさいっ!
いや、あの小説初めて読んだ時から描きたくてうずうずしてたというか…!(おま)
やべ怒られるよ…!
って思ってたら



 バレてた!
よかった…とりあえず怒られることはなさそうで(そこかよ)
「…やるんじゃなかったぜ」って後悔をしないなら全然構わないですよ(笑)
っていうか、勝手に「今夜の長門有希」からネタを拝借した人間に…そんなの決めることなんて…できないっ…!

あと、今後また別のシーンを無意識に描いちゃってたらごめんなさい(わああ)



修正箇所をいくつか発見(今度加筆しよう)
2006年9月7日(木)
連続性がないなウチのマンガは

 続く…の?(知るか)
こんなに土日が待ち遠しいのは初めてですよ…
思いっきり休んでやるんだ!


唐突に涼宮ハルヒシリーズで好きな話ベスト5(唐突過ぎるよ)

5.「ヒトメボレLOVER」:中島?中山?中なんとか君は眼科へ行ったほうがいいと思うよ!

4.「猫はどこに行った?」:なんか落ち着いた普通にいい話。

3.「涼宮ハルヒの陰謀」:恐ろしくぶ厚いけど、長門が出てくるシーンだけピックアップすれば永久機関になりえます。(お前はな)

2.「雪山症候群」:何がやばいって、キョンと長門のラブラブっぷりがやばい。

1.「涼宮ハルヒの消失」:僕がエンターキーを押したのは、これを読んだから。



 しかし、見事に全部「消失」後だなぁ(笑)


圧縮するのいやだけど泣く泣く圧縮
2006年9月8日(金)
急いで描いたら雑に(いつもです)

 オチつけるの途中で諦めました(わー)
エロ本を発見して、少し拗ねる長門なのでした(今日のワンコ風に)


 明日休みだ!
力いっぱい遊ぼっと。


ブルマ(ドラゴンボールじゃないよ)
2006年9月9日(土)
数日分の拍手返信だけして寝ようと/用事が出来たんで帰ってきてからってことで…(おま)/おやすみなさ

 思ってたんですが…何処から手をつけたらいいのか分からなく(ザ・自業自得)
沢山のコメントいつもありがとうございます!
僕は届くたびにそれはもう喜んでますよ!(^0^)
10%〜とかワッフル〜とか○○描いて〜とかは('‐`)<こんなんなりますけど

 とりあえず抜粋したものを↓に書き出して、今日更新する時に返事かきま…これ書けるのかな(笑)


web拍手返信

>めしょさん

わー初めまして!勝手にリンクとかしてごめんなさい!めしょさんの描かれる絵がすげー好きでつい!(わああ)
って泊まる?あれ?彼氏がいるって記憶してますけどいいんですか(笑)
エヴァで大負けしたんですけど攻略法とかあるんでしょうか(何か聞き出したー)

>ききさん

兵庫って!…近くなるのかな?(なるなら行くのか)
ちょ、いかがわしいことしないならどうしてそんなに必死なんですか!!(爆笑)
エロじゃないよ、文化だよ(違うよ)

>うおっ まぶしっ。ギリギリビキニの長門に鼻血でましたた。
>下半身見えそうですね、よし!じゃあ俺がずらして・・・・(遺書書いときます)
>キョンへの憎悪がとまらないwwwww
>ある意味全裸より凶悪ですね。キョンがうらやましい
>長門の水着がエロすぎです。
>えっと・・・赤い実はじけた
>・・・浮き輪がツボった(*´ <`)鼻血?
>その水着、下が・・凄い・・・浅すぎです。。。
>半ケツ・・・死刑・・・w
>赤水着+ローレグ×ひんぬー=萌死フラグ成立


本気でそんなつもりなかったんだ!

>「本格推理委員会」ですか。……式さんは、ロリ属性有り、と

なんで僕がミア萌えだと分かったのか(笑)

>いいですねー水着 ところで、公式のキャラ紹介に長門だけ下着姿が無いのはなんの陰謀でしょうか?

下着になってないからじゃね?

>バッグスバニー・・・ ロードランナーのやつはコヨーテが不憫で仕方なかった つД`)

すっごい昔に観てた覚えありますよ。爆笑してました!

>僕はまっ平らじゃなくてちょこっとあるのが好きなんだけど式さんは?(胸)

ちょこっとある方がいい派。

>個人的には森博嗣先生が神かな。でも彼の人は性格や人格が一般人ではなく小説も読む人を選ぶ。
>興味があらばお調べください。むしろ、僕に何かおもしろい小説をお教えください!!


主人公は学生がいいですねー(15〜22まで)
「心霊探偵八雲」を薦めてみるw

>「本格推理委員会」懐かしw 去年読んだわ。 確かに読後感よかったよね。

続編出そうなラストでしたけど出てるのかな?

>式さんはコヨーテラグタイムショーご覧になってませんか?ビバップ的なノリで面白いです。ようつべでどぞw

公式ページのストーリー読んで思ったこと。「ワンピース?」

>批評、もっと言ってくれても構いませんよ。自分が感じたのは小説のテンポが速いとか、描写が足りないとか★
>★些細なことでもつまらないことでも悪口っぽいのでもいいですから、何かないでしょうか?by風呂上り長門


特にないですねー。
てか僕にそれを求めるのはどうかと(字書きじゃないですしね)

>なんや、ハルヒって?ネットでえらい騒ぎじゃなこりゃガハハ
>どれ・・・アニメでも見てみるかい・・・
>長門さんカッワイィィーーーーーーーーーーーーーー!マジツボ!トリコ!
>長門さんのイラストサイトは・・・っと・・・「no reply」
>式さんサイッッコーーーーーーーー! マジツボ!!トリコ!
>ということで(どういうことだ)式さんのおかげで小説まで買っちゃいましたよ!w


僕は最初「何だろこのアニメ。魔法使いの格好してる人にしか萌えないよ!」(あ、それは今もか)
でした(笑)

>ハルヒが好きな人は大体fateをも好むのはなぜだろうと問うてみる。

どっちも人気作やからちゃうのん?

>クリリン・・・?

なにが!?



>なななななななn何してんですかーーー!…GJ!
>そらエラー出るわ(笑)
>うわっ!・・・・・・エロッ!
>ナイス長門。グレート長門。ハラショー長門。タイガー長門。
>こくん。こくん。こくん。こくん。こくん。こくん。こくん。こくん。こくん。こくん。こくん。こくん。
>やっぱり糸ひいてるってエロい
>僕の体液も回収してください
>あ・・・あの・・・その・・・えと・・・なんかすごいサイトですね(/////)
>式さん、エロすぎ。それより聞いてよ、この「こくり」って題の漫画クリックしても2ページ目が現れないんだ
>明日頃にはクリックできるよ(ry)……………えっち

>キョンとは一味違ったツッコミをするとしよう。…長門のも飲ませてやれy(解除
>式sもついに吹っ切れましたか・・・・・・
>エラー発生・・・・むしろエラー完了って方が面白そう
>4コマ目が彼が最後に目にした光景だった。直後彼は鼻から大量の出血、帰らぬ人となった。


こ、これくらいならセーフだよね?(ギリで)

>ウチの親父も毎朝五時くらいに起きて、大阪から滋賀まで三時間くらいかけて通勤してますよー。↓
>大変なのは、親父が朝早くに起きて洗面台でグェグェ言ってるので、気持ち分かるので、式さんも頑張って↓
>下さい!! あと、大阪はマナーの悪さが本当に悪いので命を大事に!


親父さんを大事に…凄いことですよ(しみじみ)

>今日も二分ほど時間をかけて体液を回収されてしまった。
>このところ何かと理由をつけて体液を回収されているような気がするのだが。
>まあ、その申し出を断る理由なんかどこを探しても出てくるはずも無く
>どちらかと言うと喜んで協力している訳であるが。
>「……コクン」俺の体液を飲み込む音がヤケに生々しく響く。
>「…エラー発生。更なるサンプルを回収し、より詳細に渡った調査が必要」
>……イカン、今日も唾液以外のサンプルを提供する羽目になるんじゃなかろうか!


唾液以外??????????

>何気に4コマ目のキョンが積極的になっている件について(血涙
>最初長門が顎に手を添えていたのに、キョンが逆に頬に手を当てているのに悶えた!

そりゃ好きな娘にあそこまでされちゃ、ね(笑)

>長門を見ただけで僕の息子をマキシマムにさせてしまう式さんに萌え

ぎゃーヘンタイ!(ひどい)

>もうエロスとかいうレベルじゃありませんよ!卑猥レベルですよ!漢字ですよ漢字!

文化ですよ文化!

>今日初めて消失を読んで一言、御父さん消失の長門さんをくだs(撲殺

消失長門もやばいですよね。あのキョンがリセット放棄しそうになるレベルですから。

>三コマ目まで見て、しばらくしたあと時間差で大爆笑した。……やりやがった。こいつ。

Σ(^0^)

>本日初めて来て、目に入ったのが「吐き出していいぞ…」の漫画でした。一生ついてゆきます…
>良いところをみつけた。お気に入り登録。

出会いはマイナスから始まるのが物語の常ですがw





>あんたさんはぁわしを何回往生させりゃあ気が済むのかねいってきまーす
>式さんやーらしーー
>つーかそのまま体液交換DARO?!
>長門サイコーだ!有希サイコーだ!
>yばい!一コマ目の長門の口の形に激しく萌えてしまう・・・
>長門かあいいです。体液の交換て!
>た、ったいっがー!
>たぷたぷ・・・タプタプタプタプタプタプタプタプタプタプタプ・・・・・・・・・・
>力つきて正解だったかも。あれ以上描いてたら死人が・・・ってかここ何禁サイト?
>今度はなに飲んだんですかあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああぁぁああああぁぁぁぁっ!!!!!!!
>一体今度はどこの体液を収集・・・・分かってますよ?
>な に を の ま せ た ?
>素敵に長門づくしですねw
>GOOD!!
>あれ、久々に見にきたら式さんがえっちぃ本性丸出しにしてる!
>スイマセン一言だけ言わせて下さい。この エ ロ !
>ちくしょうころすきか
>…もっとやって!(*゜д゜*)クワッ
>HPまだまだあるじゃないですか。うん、エッチポイント(麻生けい)
>し・・・式さん?式さああああああん!?よし!一生ついていきます!
>うほおおおおお騎虎さまおめでとううう←壊れてます。
>あれあれ?ちょっと前までは健全だったのに……もっとやってつかぁさい!!
>長門いいぃぃ〜〜
>えろーい!! っていうかそろそろいちはち禁の方でないと危ない感じですな。
>長門はっ・・・兵器じゃないんだぞ!!!。・゜・(ノД`)・゜・。
>長門のかわいさにもう、なんていうか、うん、いい!
>うわっ、この長門すげぇ
>2コマの空白が逆にヤバイwwwwwww妄想がwwwwwww
>何を?ねぇ、何を吐き出すっての!?教えて式さぁぁぁぁぁぁん!
>これは実に良い長門ッ子によるサイトですね。
>ふざけるなー!!俺はあんたを討つ!今日!ここで!!
>なにを飲ました?なにを飲ましたんだ?キョン。返答しだいではお国を巻き込んだ事態になりますよ。
>|・ω・`)どうも同い年らしいから敢えて敬語抜きで言おう。   この変態!大好きッ!
>|・ω・`)あ、こっそりリンクさせてもらいました。 これからも良い長門を描いてくださいね
>ギョンザァン!ナルャッデヅンディス!オンドゥルルラギッタンディスカー!!!
>あーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーああああああああああああ式さんエロい
>式 さ ん は 何 回 俺 達 を 萌 殺 せ ば 気 が 済 む ん (血で汚れて続きが読めない
>今朝方「今夜の長門有希」が届いた私を殺す気です式さんは。
>ぐふうっ!!相変わらず破壊力がありすぎるぜ!!ってかエロい!!
>9/5の絵がただのネタ絵かと思ったら、すごいのとつながってた〜(笑)
>あんた鬼やわ・・・ただでさえかわいらしい長門さんがこんなにも・・・・カワイスギ
>式さんお疲れ様です。萌えるSS送ったら元気になるかな?かな?
>敵裸体♪長門の裸キタ――(゜∀゜)――!!
>もう…もう…もうもうもう…ほんっ・・・・・・・・・っと・・・・・・えろ!
>日に一度は ブ ツ ン しないと気が済まなくなりましたどうしてくれるんですかw
>期待を裏切らないのがキョンだからな〜。まったくキョンめ!キョンめ!


スラムダンク(C)井上雄彦

>どんどん表現がストレートになってないですか?

その辺よくわかりません(こええー)

>式さん、嫁にこい。いや寧ろ俺を嫁にしてくれ。大丈夫、心も体も女だから。

自分を俺っていう女の人はちょっと…ごめんなさい!(断ったー)

>ふるふる(タプタプ)と拒否の意思を長門が示す。……って、タプタプ言うほど出したのか俺は。
>長門はクチュクチュと暫らく口の中でその液体を転がしていたようだが
>突然「コクリ」と言う音とともに飲み下していた。
>頬に残っていた残りも舌で舐め取ると一言「……苦い」と初めて飲み込んだ液体の感想を口にした。
>長門が俺の……を飲んでくれたと言う事実を意識すると、感動と激しい欲求がまた込み上げて来た。
>使い捨てカメラの充電中みたいな音が、自分内部からしてるんじゃあないかと錯覚を起すほどだ。
>それにしても異常に元気だな俺。連日のように2回、3回。自分の能力をはるかに超えているような気がするが
>ひょっとしたら「長門謹製、スペシャルナノマシン」でもキスの時に注入されているんじゃ……。


どう考えても禁則事項SSです、ほんとうにありがとうございました。
ほんとうにありがとうございました!(2回言う)

>no reply をホームページに設定

なにしてんの!

>いつの間にやら50万HIT!?すごいぜ式さん
>50万アクセスおめでとうございます!
>いつの間にか50万ヒットしてる! おめでとうございます。これなら100万もあと少し!
>50万おめでとうございます!!これからも満足できる絵を描いてください!!
>ついに53万over!フリーザ様に並びました!蟻んこが恐竜に勝てるものか!!


ありがとうございまーす!
フリーザ素で忘れてました(爆笑)

>やはり長門が飲んだのって・・・・もしも白くてドロドロした物であれば、言えるのは一言「最高です!!」

そうそう濃いやつね(答え:カルピス(薄めるタイプ))

>こくん1→こくん2 の間でいつの間に長門とキョンが生まれたままの姿になってたのか、それが問題だ(笑

あ、特に繋がってません(笑)

>期待云々も気になるけれど・・それ以上にキョンがどんな服を着てるかが気になる件。。
>うーん・・・キョンの服装がエルビス=プレスリーっぽいと思うのは自分だけか?胸元が・・・


そこは孤島症候群(後編)のだと思ってください。

>猿渡守

最初何のことかと思ったけどマサルだと気づいて吹いたwwwww

>これはいい嫁・・・長門ですね(`・ω・´)b
>神よ、あんたはそのまま突っ走って往ってくれ!
>迎七渕榎榎 すまん、文字化けのようだ。ギシギシアンアン
>初々しい…この新鮮な長門というフルーツをキョンは、キョンは!
>7日の絵の1コマ目の長門、ギシギシとベッドゆらして、そんなに夜が待ち遠しいのかなとか思っちゃった俺。
>ベットのぎしぎしっておとがいいですね!長門が遊んでいるようだ。

>頑張ってください。あなたはナガトスキー達の重要なエネルギー庫なんですから…
>前の絵があんなだったから最初のコマのギシギシという音に過剰反応してしまった。期待してる長門もいいね
>ベッドをギシギシしている長門が可愛い……けどエロい。
>お話は続かなくても、あなたの描く長門さんが続けばそれでいい
>人ごろ し かわいす ギル


ベッドぎしぎしにレスポンス多っ!
そのうち長門抱きマクラとかでるのかしら?(あ、いや、僕は買いませんけど)

>陰謀のちょっと怒った長門がラブリー(死語?)だと思う!

長門にしては結構喋りますしね!

>しっ・・・式さあああん!聞いてくれ!式さんのせいで長門にハマった俺は、毎日一冊づつ
>ハルヒシリーズを買うのが日課でありすべてだったんだ!そしたらなんだ!
>消失と暴走の順番間違えて暴走先に買って読んじゃったじゃないかあああ! 俺の青春を返せ!!!


あっちゃ〜…

>先程、学園祭のポスター終了・・・長門さんの絵を隅に(ごめんなさい、限界)描いたのは言うまでも無い。

やべ、行きてwww

>10月にでるハレ晴レスイング、なぜかハルヒが二種類で古泉が無い・・・なんで!?

へー?…な、何ですかそれ?(無知でたよ)



>静かに嫉妬で猛り狂う長門も良いかと
>黙々と読んでるとこは何のページなのやら。すねてる長門かわいいです
>式さんの長門は・・・やっぱかわいいなぁwww
>ここの漫画を読むだけで長門への愛が伝わってきます
>半目の長門がすんっごくかわいい!そして黙々と読んでるのはもっとかわいい!→
>→で、この後キョン君に見つかった長門は焦るのか問い詰めるのかそれが問題だ。(半目で睨むのに一票
>黙々黙々・・・・うひょぉぉぉ
>式さんのせいで「あ」を連発しちゃったはうー!おっ持ち帰りぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
>長門の定点観測ねたは良いですね
>おで・・・生きてて良がっただ・・・
>ここに来るだけで癒されます
>長門漫画3で鼓動が高鳴りました・・・
>長門かわいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!
>う… ぎゃああーっ!! ごが ごががあっ!!←鼻血+吐血
>♪見えないものを見ようとして デスクトップを覗き込んだ 静寂を切り裂いて 親の声が聞こえたよ
>長門サイコーです。ほんとサイコーです。


とりあえず、今見たいもの。
どっかの雑誌に掲載されてる花嫁姿の長門・どっかの雑誌に(略)パジャマ姿でお尻見えてる長門
(返信になってないなと思った)

>キョン…かくしておけよ…長門には無駄かもだけど

どこに隠してもすぐに見つけそうですよね!(笑)

>ヲチなんてあって無いようなものですから、ヲチ無しなんておkですよ!!
>オチなんていらねぇ!これで充分だ!


基本的にないぜ!(それもどうかと)

>なんのプレイがそんなに長門の気を引いたんだろう・・・w

自分に似てる人を見つけて少し複雑…とか?

>あれ。 こくんの色塗りはしてくださらないのですか!?(絶望)

そんな時間ないのです…(絶望)

>ちょっ!! キョンガード甘すぎ!!!
>き、キョンの野郎。絶対ワザと置いておいたな!男が女を部屋に入れる時にそんなミスはしないはずだ!


某ライトさんみたいに、辞典のカバーで隠すくらいしないとだめかな?

>あれですね、貧乳での誘惑の方法をみつけて黙々と読んでるんですね、そして実践と……式さんはエロイ!

ちょっと…!僕関係ないよそれ!!

>ねぇねぇ。式さんは絵をいっぱい描いてるのにどうしてギャラリーとか作らないの?

すごいよ!マサルさん(C)うすた京介



笑顔 素?嬉しい?照れてる?(わからん)

 

 
2006年9月10日(日)
明日の今頃には、わたしはきっと泣いてる、あなたを想ってるんだろう

 日記のタイトルに困った時はリアルタイムに聴いてる曲の歌詞を拝借してま。

 今日はこんなの↑作ってたら絵を描く時間なくなりました!


 …もうこれでいっか(だきょった)
もう少しパターン増やしたいけど長門表情変わらねえええええ!!(だが、それがいい)


※だきょる:妥協する


ところで、今さっき送られてきたんですが…

>画像位置指定は相対パスでやらないと地獄見るぜフゥハハハー

どういう意味?そもそも相対パスって何でs(ry
(一年以上やってるのに何一つ分かってないヤツ)





「・・・・・・」

「突然だが、ここでとんでもなく可愛い長門絵を置いてるウェブサイトを(勝手に)紹介させてもらうぜ。」

「・・・・・・・・・・・・」


うへぇ。さん

ほぼ長門さん


「ちなみに、いさんトコのTOPページ左上に置いてある便器に座ってるスネオ(?)をクリックした先にもあるぜ。」

「・・・・・・ユニーク(置き場所が)」

「どっちも長門だけじゃなく朝倉や朝比奈さんの絵もあって、これまたすげえ可愛いん…」

「・・・・・・・」

「・・・・・・・」

「・・・・・・・」

「あー・・・でもやっぱ長門が一番かな?」

「・・・・・・・・・・・・そう」



なにこれEND。


web拍手返信中

>そろそろR指定がかかると思うんです だって長門はいてないもん
>アアアアアングル変えて!カメラさん180度回って!
>ふーん犬耳に体操服、さらに首輪付きですか。そんな媚び媚びの絵に萌えた……り……は!はいてねぇーー!
>履き途中とか貴様もはや神の領域か!?
>首輪にブルマなんて…式さんはいったいどれだけの人間を萌死させれば気がすむんだ…っっ!!
>なっ!?あれほど属性過多は危険だと…うぼぁ(出血死
>隊長!藤岡隊長!!未知のUMAです!!
>ここのキョンは漢気にあふれてる!ぐっじょぶです。
>ああ、体操服かな?→ブルマかノーマルかどっちかな…あれ?手に持ってるの何?→ああ、なんだブルマか。→
>………。って何でさ!何故脱いでるんだと小一時間。…首輪の存在すら凌駕する状況を作った式さんに乾杯。
>あなたはウチの心を虜にした(今更)これからもよろしくです(・∀・)ゞ
>ヒャッハー!キョンに不可能はないんだぜえーーーーーー!!!!
>もしかして長門の手に握られているのは脱ぎたてのブルm(連結解除
>そろそろ式さんに弟子入りするかな・・・・・なんて言ってみる
>いや百歩譲ってブルマはいいとしましょう。オプション犬装備も大変似合ってますよ。→
>→でもね、なんでなんでパンツを穿いてないのよ長門さん。はっ! キョン君か、キョン君の仕業か!?
>ケツが見えるのは気のせいか(*´Д`)ハァハァ
>まだ健全だったno replyが懐かしいです…└( ̄▽ ̄)┐'*o*"
>首輪とは・・・さすが式さん!同志とよばせてください!


「下着の再構成を忘れた」
「してない方が…っておい!」

>ここまできてエロくないって言うなんて式sはとんだ痴女ですねw

○すわよっ☆

>拍手したらいつもと違って・・・。式さんエロす〜( ´Д`)σ)Д`)プニョプニョ

ナンノコトデスカ(ロボ語)

>長門好きな式さんならこれを見て黙っているはずがない。

うおおおおお!?
これは凄い!教えて頂いて感謝感激雨アラシです!

>花嫁長門は今月号のメガミマガジンに パジャマ半ケツながもんはメガミマガジンデラックスに
>付録ポスターとして入ってます たぶん式さんは花嫁長門より裏の白バニー長門のほうが好きかと(笑


聞いたことない雑誌キター(笑)
買うのか!?僕は買うのか!?

>(今日のワンコ風に)  ガチャピン日記のパクリ〜〜

いや、信じてもらえないでしょうけどマジで被っただけです(見たとき僕も吹いたよ)
大阪から帰ってすぐ絵を描いてるから、他のサイトチェックする余裕なんてないの…
ガチャピンから抗議があったら取り下げま…それ逆に面白いな(笑)

>・・・ あれ?長門漫画16で、2人が服を着ていないことに今気づいた・・・見間違いかな?^^

着てませんよ?^^


料理完成
2006年9月11日(月)
幸せが星の上ならば もう君なしでは届かないよ…

 魚介類を使用していない台所でイカの匂いがした…(ナレーションボイスで)
そんな、まさかのミステリー。

 ていうか、キョン家でお泊りはどうしたんだと。
マジで順序デタラメだなーここ。(他人事のように)

 また地獄の日々が始まったよ!
あと4日…あと4日耐えれば…単位がもらえるんだ…


長門
2006年9月12日(火)
トラック8

 統合思念体の大部分が、積極的な動きを起こして情報の変動を観測しようとする意識で占められるようになった。
長門が新たに課せられた役割は俺を殺すこと、らしい。
割合俺が落ち着いているのは、長門は絶対そんなことをしないという確信からだろうか?
そんなことを漠然と考えていたところに、淡い声が響く。
「今は抑制できている。…けれど、このままでは非常に危険。」
 なんとかできないのか?
「…今すぐ実行可能な方法は二通り存在する。
一つはわたしの有機情報連結を解除すること」
 口にするまでもなく却下だ。大却下。
「…第二案はわたしというインターフェイスと情報統合思念体との間に存在するあらゆる連結を断絶させること。
…ただし、これを実行した場合、わたしは今までのように情報操作を行うことが出来なくなる〜




〜みたいな妄想を電車内で繰り広げてた21歳(わあああ)


あと、今熱が出てます(爆笑)
だるー…


お粥旨い
2006年9月13日(水)
あたたかい毛布も大切なんだ

 ヤバいです☆(いまいちヤバさが伝わらない言い方)

 絵を描く気力っていうか体力がねぇ〜…


 リンク追加しましたー。
絵板とか拍手とかの返事しばらく書けなさそうですけど
いつか必ず書くんで、しばしお待ちを。(待ってる人がいるか疑問ですが)
あ、コメントに10%やらワッフルとかが書いてあったら返信しませんので予めご了承くださーい。
…いっそスッパリ消そうかな?


 それと、2日前のマンガについてツッコミが沢山きました!
イカの匂い云々はガセだそうな。
以下(洒落にあらず)頂いたイカの匂い詳細コメントです。
ちょっと下系単語があるんで隠しておきますねー。


昔に人は、イカの身をオナホとして使っていたそうです。
イカ臭いの語源はそれであり、実際に精液がイカの臭いをしているというわけではないのです。


 へー初耳です!
これガセビアに送るか?(採用されません)
って、何でこんな単語が普通に出てきてるんだろ?(爆笑)


 じゃあ、明日も大阪なんで寝てきます…


「ペンギン」    いや、それは見れば分かるんだが…
2006年9月14日(木)
こ れ で ラストオォォォォ!!

 明日でこのリアル難易度アンノウン期間も終わりです!
厳密に言うと、その後この2週間で学んだことをレポートにして発表しなきゃならんのですが、もう7割方終わったも同然さ!
長かった…(しみじみ)



 あと、昨日の日記タイトルに用いた歌詞はELLEGARDENの「Missing」でした。
別にクイズとかじゃないですけど、正解したお三方、おめでとうございまーす♪
商品は特にないですけど(笑)

 ELLEの「Missing」は神曲だと思う。


2006年9月15日(金)
オワタ\(^o^)/オワタ

 ミッションコンプリート!(C.V.伊吹マヤ嬢)
というわけで、今日はお休みです。
オヤスミナサイ…


 そういえば、昔エビアンVolvicのCMで流れてた洋楽について知ってる人いませんか。
男の人が山でVolvic飲んでる後ろでかかってたんですが…なんか壮大な曲。声は男。
数年前からずっと気になってるんですけど…!(欲しい)

追記

 これ!これです!
なんて曲だろう…!超好みなんですが!